年越し蕎麦の起源は?

このサイトをご覧になっている方はもちろん,多くの方が大晦日に「年越し蕎麦」を食べることと思います。この「年越し蕎麦」の習慣は,江戸時代に定着したと一般には言われています。
年越し蕎麦の起源としてよく知られている説は主に次の5つですが,あまり知られていないもうひとつの説を紹介します。

まずはよく知られている5つの説から。

1. 長寿延命を願う
蕎麦が細く長いことから,長寿延命や家族の縁が長く続くよう,縁起を担いだという説です。ちなみに引っ越しした先で振る舞う「引っ越し蕎麦」にも,「末永くおつきあいできますように」という意味があるそうで,相通ずるものがありますね。

2. 蕎麦粉は金を集める縁起もの
金銀細工師は,飛び散った金粉を蕎麦粉の団子を転がして集めたと言われています。現代で言えばガムテープで集めるようなものですね。このことから蕎麦は「金を集める縁起物」として金運向上を願い,食べられるようになったという説です。しかもその金粉まみれの蕎麦団子を水につけておくと,蕎麦は水に溶け,金粉だけが沈んで貯まることから,蕎麦は「金が貯まる縁起物」にもなったと言われています。

3. 一年の苦労を切り捨てる
蕎麦が切れやすいことから,この一年の労苦をさっぱりと切り捨てて新しい年を迎えることを願ったとする説です。

4. 健康を願う
そばは風雨に当たっても,翌日陽がさせばすぐに起き直る植物です。それにあやかり,健康の縁起を担ぐようになったとする説です。

5.「世直し蕎麦」から
鎌倉時代に博多の承天寺では,年の瀬を越せない町人に「世直し蕎麦」として蕎麦餅を振る舞ったところ,翌年から皆に運が向いてきたという伝説があります。そこから大晦日に蕎麦を食べる習慣が生まれたという説です。


どれももっともらしい説ですね。さてここからは,あまり知られていない(と思います)説の紹介です。
「大晦日」という言葉,なぜ「大」なんでしょうか。実は「晦日」は月末のことなのです。ですから1月末も2月末も12月末も晦日です。しかし12月末は月末であると同時に年末でもあることから,特別に「大晦日」というようになりました。ちなみに「晦日」は「三十日」が語源です。

さて,江戸中期の商家では,月末(すなわち晦日)に蕎麦を食べる三十日蕎麦(みそか蕎麦)という習慣があったそうです。商家では,月末は売掛金の回収をしたり,商品の在庫チェックをしたりと,奉公人総出の一大行事だったのです。そこで商家の主は,月末作業が終わったその晩に奉公人たちに蕎麦を振る舞った,というのが三十日蕎麦というわけです。なぜ蕎麦なのか?寿司でも鰻でもよさそうなものですが,蕎麦は安価で出前も速い,というところから蕎麦になったのでしょう。たしかに毎月毎月,寿司や鰻では商家としてはたまったものではないですね。


そして一般の家々では,年末に大掃除をした後,この三十日蕎麦に倣って家族で蕎麦を食べたというのが年越し蕎麦になった,というのが今回紹介する説です。
いかがでしょうか。これももっともらしい説ですね。

このように江戸時代に開花した蕎麦文化を大切にしていきたいものです。




inserted by FC2 system